教育制度・キャリアサポート | 技術者派遣/請負・受託開発のアルプス技研の採用サイトです。

 

新卒採用

「なりたいエンジニア」になれるよう、本気でサポート。

アルプス技研では、一人ひとりの社員が「なりたいエンジニア」になれるよう、様々な研修・教育体系を準備し成長できる機会を準備すると共に、キャリアサポートを徹底しています。中でもESS(エンジニアサポートシステム)という独自のシステムを使い、入社時から継続的にエンジニアのキャリアを支援している点が特徴です。
“「なりたいエンジニア」になれる”という事を本気でサポートしています。

教育制度

アルプス技研では、「人が財産」の考えのもと、人材育成に多くの投資をしています。
エンジニアのプロフェッショナルになるには、最先端の開発現場での実務経験の積み重ねが不可欠です。とはいえ、実務経験を積むためには、基礎となるスキルスキルが必要ですし、情報を仕入れたり仲間から学んだりすることも大切です

アルプス技研の教育制度は、幅広い分野の高度技術研修はもちろん、ビジネスマナー、メンバーシップ、コミュニケーション力、ロジカルシンキング、問題解決などを身につける人間形成研修も充実。また、エンジニア自身が主催する「自主的な勉強会」やロボットコンテストなど学びの場は多彩。「なりたいエンジニア」「市場価値の高いエンジニア」になれる環境を整備しています。

新入社員研修

入社~実務スタートまで安心できるカリキュラムが準備されています。

2年目以降の研修

技術領域別に対象となる資格取得のサポートを定期的に実施しています。

専門技術研修

実務必要な地域やノウハウを学ぶための研修や実習を数多く準備しています。

機械系技術研修
機械製図 幾何公差、投影法、寸法記入、JIS製図、寸法公差
機械工学 材料力学、熱力学、流体力学、機構学、有限要素法、加工法、振動工学、機械材料
CAD実習 CATIA-V5、Pro/E wf4.0、NX6、Solidworks2011
CAE実習 NX Nastran、ANSYS、Solidworks Simulation
専門分野別 ロボット工学、環境工学、EP 表面処理
電気・電子系技術研修
アナログ回路 電子部品の構造と動作原理、OPアンプ、電源・アンプ回路、各種回路製作実習
デジタル回路 論理回路、Verilog
EDA実習 回路設計、レイアウト設計、シミュレーション
専門分野 半導体の構造とプロセス、モータ駆動技術、送配電、センサー技術、回路熱対策、EMC
ソフト系技術研修
プログラミング開発 開発手順、アルゴリズム、言語、文法、フローチャート
システム開発 オブジェクト指向、UMLモデリング、状態遷移設計、テスト技法
組込みシステム 組み込みLinux、リアルタイムOS、マイコン、組み込みプログラミング
専門分野別 アプリケーション、ドライバ、電子回路知識、Android
分野共通研修
品質工学 タグチメソッド、パラメータ設計
リーダー研修 業務マネジメント(OJTによる設計開発プロジェクトマネジメントの経験)
業界向けカスタマイズ研修 顧客要請に対応したオーダーメイド研修
eラーニング 機械、電気、ソフト、化学、共通分野、ビジネス、約100講座が自宅から受講可能

能力開発研修

コンプライアンス、ビジネスマナー、コミュニケーション、マーケティングなど社会人として必要なスキルを階層別に実施しています。

入社年次、経験、能力  
新入社員
基礎教育プログラム
コンプライアンス、メンタルヘルス、5S・安全衛生、企業文化
1年目~3年目程度
社会人教育プログラム
ビジネスマナー・CS、仕事の進め方(報連相)、ビジネス文書、メンバーシップ、コミュニケーション、経済情報
3年目~5年目程度
初級能力開発プログラム
ビジネスマナー・CS(応用編)、仕事の進め方(応用編)、ビジネス文書(応用編)、メンバーシップ(応用編)、コミュニケーション(応用編)、プレゼンテーション
初級管理職層向け
中級能力開発プログラム
メンタルヘルス(管理編)、5S・安全衛生(管理編)・コミュニケーション(管理編)、リーダーシップ、ロジカルシンキング、プレゼンテーション、問題解決・改善、コーチング、ファシリテーション、チームマネジメント、マーケティング、労務管理、会計、財務、組織・人事
上級管理職層向け
上級能力開発プログラム
マーケティング、会計・財務、組織・人事、戦略、経営分析
優秀社員対象
社員より抜粋
海外研修
海外子会社視察、海外現地企業視察、文化交流、グローバル感覚の修得
PMBOK研修
プロジェクトマネジメント、業務遂行能力、リスクマネジメント
経営道場・ニュービジネス研修
次世代の経営者を育成し、ビジネス完成を磨く。
人間可能力開発講座
自己を客観視し、現実の自分を見ることで潜在能力を高める。

キャリアデザインサポート

「今までの経験や専攻を活かしたい」「新たな技術分野にチャレンジしたい」「ライフスタイルにこだわりがある」「新しい家族ができた」…。人間は百人百様です。

アルプス技研のキャリアデザインサポートは「知識・専門性」だけでなく、それを支える「今までの経験」「これからやりたいこと」「自身や家族の状況」などエンジニア一人一人の希望をトータルで受け止め、一人一人が生き生きと働けるキャリアデザイン形成をサポートします

独自のESS(エンジニアサポートシステム)

入社時から継続的にエンジニアの継続的なキャリアを支援しています。システムには社員一人一人の業務経歴、専門技術、スキル、資格などが登録でき、目指す技術者像を入力すると、そのキャリアに必要な能力や知識が提示されます。そして、入力されたデータをもとに、社内のキャリアサポーターがアドバイス。「なりたいエンジニア」になれるよう、スキル、モチベーション、生活面とトータルにサポートしています。

キャリアサポーターが本気で支援

社内で認定されたキャリアサポーターが、エンジニア一人ひとりと振返りや目標設定を定期的に行ないます。目指すべき目標像のすり合わせを行いながら、問題・課題を整理していきます。更に、エンジニアとしての成長ステップを細かく設定し、進捗を確認することで、ゴールへの到達を確実にしていきます。

キャリアサポーター兼営業の大川喜広に「どのようにエンジニアの希望を叶えるべくフォローしているか」について聞いてみました。